スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松ってやっぱりすごい!!

「ヤマハ」、「河合楽器」、「ローランド」など音楽関連企業が多い浜松市が、市をあげて「音楽のまち」づくりを推進していますが(http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/square/intro/mc/ongaku-toppage.htm)、今回さらに新たな事業が発表されました。

こんな事業が埼玉の自治体でも行われるとうれしいのですが・・。

以下 Yahoo!より転載 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090630-00000029-yom-soci

「地場産業下支え、浜松市が楽器大量購入へ」
6月30日16時21分配信 読売新聞

 静岡県浜松市は、トロンボーンやティンパニなど吹奏楽の楽器を約100台、市内の楽器メーカーから購入し、市内の小・中学校に貸し出すことを決めた。

 市立幼稚園と小・中学校のピアノ計25台も更新することにしており、合わせて5000万円の事業費を盛り込んだ2009年度補正予算案を、30日の市議会臨時会に提出する。市が掲げる「音楽の街づくり」を進めるとともに、地場産業を支える狙いがある。

 同市内にはヤマハ、河合楽器製作所、ローランドなど楽器メーカーが多い。これらのメーカーなどでつくる「県楽器製造協会」(浜松市中区中沢町)によると、県内の楽器生産額は今年5月時点で約42億1500万円と、前年同月の62%にまで落ち込んだ。世界的な景気悪化でピアノの輸出がほぼ半減したのが大きく影響したという。
スポンサーサイト

恒例の「課題曲の訂正」

全日本吹奏楽連盟から今年も「恒例」!?の課題曲の訂正が発表されました。

毎年毎年必ず「訂正」が発表されています。特に今年は、発送直後にスコアの印刷不具合が発生し、訂正版を発送したりと大変でしたが、ここに来て今度は譜面の訂正が発表されました。

まぁ、校正するのも大変だとは思いますが、、、ご苦労様です。

課題曲Vの訂正もありましたが、この曲は合っていても、間違っていても、正直よくわからない・・・。
突き詰めて練習しているからこそ発見できるのだとは思うけど。

それにしてもVって難しいですね。分解すれば簡単とはいうものの、この手の曲はやっぱり頭を使います。体がいまいち反応できません 笑

コンクール抽選

埼玉県ではまさに今月がコンクール抽選会の山場です。
各地区ごとに抽選会を行うわけですが、西部地区だけは4月の総会のときに抽選をしてしまいます。
総会の出席率を上げるための作戦かもしれませんが・・・。

というわけで、西部地区はすでに出演順が発表されておりますので、HPも徐々に更新しております。
他地区はまだ抽選会が行われていないようですので、出演順が確定次第更新予定です。

吹奏楽研究発表会

埼玉県では、6月のこの時期は各支部で「吹奏楽研究発表会」が行われています。
昨年より、授業確保の観点から平日開催から土・日開催となり、会場確保には各支部とも非常に苦労されているようです。そのため、同日2会場開催としするなど、運営面では大変です。

今年は、2つの支部の発表会を聞かせていただく機会がありましたが、各支部によって雰囲気が結構違って面白かったです。

片方では、コンクール曲をすでに演奏する団体が多かったり、一方ではポップス曲が多かったりと、
志向がやや違うようですね。

1年生を入れたバンドや、2,3年生のみのバンドなどさまざまですが、中には良くふけているなぁと感心するバンドもありました。

コンクールに向けて、いよいよ本格始動だと思いますが、今年もいい演奏がきれるのを楽しみにしています。

さて、このホームページもだんだんとコンクールモードになってまいりました。
徐々に団体情報も更新していきますので、お待ちください。
プロフィール

管理人

Author:管理人
吹奏楽の話題を提供します!

カウンター
2008.12.30.開設
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。