スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回東日本学校吹奏楽大会 中学校 雑感

昨日、第10回東日本学校吹奏楽大会の中学校コンクール部門を聴いてきました。
初の東京開催ということで、近場でもあるのでぶらりと・・・。

しかし!!府中は意外と遠かった!!車で行ったのですが、周辺は渋滞の嵐。
結局途中からしか聞けず残念。

さて、今年で10回目を迎えたこの大会。開催のコンセプトは「少人数バンドの育成と交流」だそうです。
このコンセプトの解釈は「そもそも部員数が少ないバンドのため?」それとも、「演奏者を少なくした少人数による演奏のため?」と両方に解釈できるような気がします。
ですので、出てくるバンドの事情はきっとさまざまなのでしょう。
本当に少ない部員でここまで上り詰めたところもあれば、60人、70人いるバンドがあえて、35人に絞って出てきているところもあります。その是非についてここで述べるつもりはありませんが、大人数バンドが選抜したから上手であるとは限らないようです。
10回目の節目を迎え、課題も多い大会ですが、どうやら来年度からは大きく変化があるようです。
正式な発表はまだされていないようなので、推測で記事にはいたしませんが、この大会が出演者にとってより公平で意味のある大会になることを願うばかりです。

今年で東日本を聞くのは3回目になります。中学校に関して言えば相変わらず傾向としては打楽器が活躍(うるさい)曲が多いということでしょうか。管楽器本来の音色の美しさを追究し、あくまでも打楽器はバンドの色彩感を出すものとして選曲をしているバンドは少ないようです。
打楽器が活躍するのが悪いわけではありませんが、打楽器で管楽器の音色をごまかし、盛り上げの道具として使われていないでしょうか。

そんな中で印象に残ったバンドを紹介いたします。(聞けたのが8番以降なので、それ以前のバンドのみなさんすいません)

8 北海道代表 上富良野町立上富良野中学校 
  アニー・ムーアの祈りの詩(樽屋雅徳)
   上品な音色で、曲の持っている雰囲気やこめられた想いが伝わるような演奏でした。
   樽屋雅徳氏の作品は打楽器が活躍する曲が多いのですが、このバンドはよく管と打のバランスのとれた
   スマートな演奏に終始していました。バンドのカラーと曲が見事にマッチした好演でした。

12 東関東代表 下妻市立下妻中学校
  「三つのジャポニスム」より(真島俊夫)
   東日本では定番となっている曲です。今年も中学校は3団体が取り上げましたが、もっとも色彩感にあふ
   れた演奏でした。情景描写が見事で、演奏に見入ってしまうようなあっという間の7分間でした。

14 東北代表 いわき市立勿来第一中学校
  「小組曲」より(C.ドビュッシー)
   冒頭の音色は特筆すべきものがありました。美しいの一言に尽きます。特にフルートはお見事!!
   その後音色が硬化してしまったのが残念でしたが、銀賞という結果以上に心和む演奏でした。
   でもやっぱりドビュッシー難しいですね。

19 西関東代表 久喜市立久喜東中学校
  「もののけ姫」セレクション(久石譲)
   もののけ姫の良さ再発見といった演奏でした。音が良く飛び、ホールいっぱいにサウンドが響き
   渡りました。さすがマーチングでも全国を決めているだけあり、よく鳴っていました。文句なしの
   金賞。おめでとうございます。

21 東関東代表 横浜市立旭中学校
  バレエ組曲「ル・シッド」より(J.マスネ)
   ここもごまかしまったくなしのサウンド勝負。そのサウンドはとにかく丁寧で美しく、フランス作品の
   もつ繊細さと熱情的な表現が見事でした。ここも文句なしの金賞でした。

22 東北代表 湯沢市立須川中学校
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」セレクション(C.M.シェーンベルグ)
   個人技術が光ったバンドです。20名の演奏でしたが、個々の技術がとても高いので、しっかりと音楽
   にも厚みがあり、無理に大音量で鳴らすことのない演奏でした。特にアルトサックス、トランペットの
   ソロは実に見事。トランペットは2ndの子まで見事なソロを聞かせてくれました。ブラボー!!

ところで、いまや中学校小編成のバンドでもハープは当たり前なのでしょうか。ずいぶんとハープ使用率が高くなった気がします。

最後に、コンクールの運営が大変なのは重々承知です。しかし、最上位大会であのステージ回しはどうなのでしょうか。最終的には20分も押しておりました。地区大会でも20分はなかなかありません。
ぜひ動線や運営体制の再考をお願いしたいところです。
どれだけ舞台袖で待っていたかはわかりませんが、出演者にとって舞台袖で長い時間待たされるほど苦しいものはありません。ぜひお願いいたします。


   
スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
吹奏楽の話題を提供します!

カウンター
2008.12.30.開設
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。