スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西関東アンサンブルコンテスト

昨日、今日と埼玉県では西関東アンサンブルコンテストが行われました。

見に行ったわけではないけど、行きたかった・・・。
いつも思うけど、アンコンは難しい。合奏が上手なところが、必ずしも上位大会にいけるわけではないし、結構意外(といっては失礼だが)なところが上位大会に行ったりする。

そんな中で、2年連続全国大会を決めた東松山南中学校はやはりすばらしい。
もちろん、アンコンなので、編成が変われば去年とはメンバーがまったく違うわけで、それで2年連続しかも、あの競争率で全国へ行けるなんて、とても幸せです。

聞いていないから、どんな演奏だったのかわからないけど、きっとすばらしかったのでしょう。
ぜひ全国大会でもがんばってください。
でも、今回の中学校の部の前半は審査厳しくない?そんなことないのだろうか。
後半はほとんど銅なしでしょ。 まぁ、仕方ないことだけど。

そんで、今日は他にも、某吹奏楽フェスティバルでした。小学校から大人までが一同に集まって、1日中発表するのですが、やはり年齢に応じて音楽が様々でなかなか楽しかったです。

こうやって音楽をやっている様々な世代が共通の趣味で集まれるってすばらしいですね。
運営してくださっているかたがたに、本当に感謝です。

また、話は戻るけど6人でティルってどんなんでしょうか。聞いてみたい。

ホームページには、西関東大会の結果を更新してあります。プログラムは近々アップしますので、もう少しお待ちください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

東松山南中上手でしたよ。

中学校でFgっていうのもすごいし、正統派木管五重奏が2年生だけで組めるのもすごいと思いました。

中学校のチームは同属よりも木管○重奏、金管○重奏というのが多く、2年生大集合的な楽譜どおりではない編成や、アンサンブルより小編成バンド?というような演奏もありましたが、

さすが、西関東大会、みなさんよい演奏でした。

しかもほとんどが立奏、暗譜。中学生恐るべし。v-270

うらやましいです

コメントありがとうございます。

西関東大会見られたそうで、うらやましいです。
もしかしたら出演者の方でしょうか。

正統派木管五重奏は中学生には大変難しいですね。
Fgといい、Hrnといい難易度は高いですね。

中学生はどうしても奏法が安定しないので、多い人数でアンサンブルを組む傾向がありますね。
木管3とか木管5とか、クラリネット3などは相当自信がないと厳しいですね。

東松山南中は全国大会でも注目ですね。
富山楽しそうだなぁ・・・ w
プロフィール

管理人

Author:管理人
吹奏楽の話題を提供します!

カウンター
2008.12.30.開設
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。